読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費者金融、サラ金、街金と闇金の違いが分かっていない人が多いことに驚いたので、それぞれの意味を説明するよ。

お久しぶりです!まっさきです。

まっさきのところには、金に関する相談事を持ち込む知人が多いのですが…
多くの人が、サラ金消費者金融ヤミ金などの違いをわかっていないことに驚愕した今日この頃です。

なので、今日は、お金を借りられる金融機関の説明をしますね。

銀行

みなさんご存知の銀行。三井住友銀行みずほ銀行などのメガバンクから、静岡銀行埼玉りそな銀行などの地方銀行楽天銀行住信SBI銀行などの店舗を持たないネット銀行など、様々な銀行があります。

銀行といえば、担保や保証人ありの高額融資を得意としていますが、近年は個人向けの無担保ローンにも力をいれています。
大手銀行では、専業主婦でも気軽に借りられるカードローンも展開しており、「銀行」というブランドに安心感を覚えやすい女性から指示されています。

銀行の個人向け無担保ローンは、貸金業者と比べると低金利であることが多いです。ただし審査は厳しめ。

ちなみに銀行は、銀行法の元に運営されており、貸金業法の元運営されており消費者金融信販会社とは取り締まる法律も違います。


消費者金融

消費者金融には、プロミスやアコムモビットなどの大手消費者金融から、地方で活動する中小消費者金融まで多数あります。

消費者金融は、都道府県に貸金業として届け出のをしてある正規の貸金業です。
実は、かつてのサラ金消費者金融と呼ばれるようになってきたのですが、サラ金と聞くと、「借りたら最後、地獄行き」くらいのことを思っている人もいるようですね。実際はそんなことありませんが…

個人向けの無担保ローンとしては、消費者金融の提供するカードローンが、審査が通りやすくて気軽に申し込めると定評があり、多くの人が敷居の低さを感じているようです。

ちなみに消費者金融は、貸金業法の適用を受けます。そのため、「総量規制」といって年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないことになっています。
消費者金融でお金を借りるのであれば、年収の3分の1以上は基本的には無理…ということですね。過度な貸付を禁止するための制度です。


街金

街金も、消費者金融の1つです。
特定の地域で活動する地方密着型の消費者金融のことを街金といいます。
イメージ的には、青木雄二さんが書いた漫画「ナニワ金融道」の「帝国金融」でしょうか。
帝国金融は、架空の会社ですが、貸金業やとして登録のある会社として描かれています。ただし、漫画ではけっこうえげつないこともしていますが・・・

実際、グレーな活動をしているところもあるのですが、きちんと法を順守して営業しているところが多い(そうでないとおかしい)です。
大手消費者金融より小回りがきく、融通がきくことがあるため、大手に通らなかった人が駆け込み寺のように利用していることもあります。

 

サラ金

すでに上記でご説明したように、消費者金融はかつて「サラ金」と呼ばれていました。
言葉は変わったものの、中身は今でも同じです。

サラリーマン金融=サラリーマンのような個人が無担保で気軽に借りられるローンというところですね。


闇金

闇金は、法の外で活動している違法な金融業者のことです。
そもそも法の外にいるため、法的金利を守らない金利を設定することも、法律で禁止をされている厳しい取り立てをすることも厭いません。
トイチ、トサン(10日で1割、3割の利息を払う)という言葉を耳にしたことはあると思いますが、法律で定める上限金利をはるかに超えていますので、このような業者は闇金ということになります。
どこもお金を貸してくれるところがなく、仕方なく闇金に行った…という人から、手法が巧妙すぎて知らずに手を出してしまったという人もいます。

闇金があったから助かった…という人も、一部にはいるでしょう。しかし、その何百倍もの人が、闇金に手を出して人生をつぶしてしまっているのです。


高利貸し

ちょっと古い言い方で、金貸し(金融会社)全体をさしています。
どこからが高利なんだ?という疑問はありますが、法定金利をはるかに超える闇金から、消費者金融まで高利貸しと言えるでしょう。
昔の人的には、銀行以外のすべてを高利貸しと言っているようなイメージがありますね。

 

本当に怖いのは・・・


金融機関の違い、おわかりいただけたでしょうか?
特に、サラ金・街金と闇金を混同している人が多いように思いました。

大きく分けると、違法な業者かどうか、銀行か貸金業かに分けられますが…
言っておくけれど、銀行カードローンだから怖くない!貸金業者に登録してある消費者金融だから怖くない!なんてことはありません。
借金を借金と思わず、無計画に借りたり使ったり、カードローンを自分の貯金から引き下ろすように使っていたら、銀行で借りようが正規の業者で借りようが、怖いことになるんですよ。

怖い=取り立てではありません。
本当に怖いのは、あなたがあなたでいられなくなること、大切な人が離れていくこと、生活が破たんすることですよ。

ご利用は計画的にね!