読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSでお金を貸してほしいと連投している人を見て思ったこと

こんにちは。まっさきです。

まっさきは、SNSが苦手です。
アカウントは持ってみるものの、チラ見するくらいで発言することはほぼありません。
発言するほどのネタもないし、リア充でもないしな。

SNSでお金の貸し借り??

数カ月前に、暇つぶしにSNSを見ていると…
「お金を融資してください」という投稿を見つけました。
金に敏感なまっさきは、こういうのを見ると反応してしまいます。
いろいろ見ていると、お金の貸し借り専用の掲示板まであって、読みふけってしまいました。

下記は、某SNSで見たある男性のつぶやき

「お金を融資してください。私の口座は●●●です。」
「緊急に30万円必要です。」
「昼食を食べていません。自立できる費用をカンパしてください。」
「1人1万円で、30人の方と出会いたいです。」
「お金持ちの人に出会いたい」

もうわけわかりません。見ず知らずの人にお金を振り込めと言うのでしょうか?
新手の詐欺かと思いました。
こんなに誰もひっかからないよと思いながら見ていると

「あと3時間以内に振り込んでください。」
「もう人生終わりです。」
「助けてくれなかった人に復讐したい。」

ある意味、脅迫です…

「結婚していると、給料が2人分できるから僕もしたい。」
「母の面倒をみていて、人生をつぶしてしまいました。」

とか書いてあったので、人間的に問題がある気もする…

本業以外のアルバイトや債務整理、余分な出費について真剣にアドバイスをしているもいるのに、そういう方に対しては、攻撃的な態度を示していました。

「豊かになれるように努力しているのに、債務整理などできない」
「これは必要な出費だから、節約できない」
「昼間は仕事をしているので、眠くて夜の仕事はできません」
「あなたは何を知ってそんなことを言うのか!」
「名誉棄損だ!訴えてやる!」

開いた口がふさがらないとはこのことです。


この繰り返しを何年もやっているようだったので、驚きました。
さらに驚くべきことは、これらの投稿を見て、実際にお金を貸している人がいるっていうこと。
「もう、だめだー」と言いながら、毎回何とかなっているようですが、どうして何とかなったのかは書かれていないんです。
だから、お金を貸りるための嘘をつき続けてるんじゃないかなと疑うこともできる。

うーん…
お金って、知らない相手に貸せるものですかね。
よほどメリットがあっても貸せないと思いますが、貸している人はどんな気持ちなのか。


・一種の投資
・同情
・バカがつくほどのお人よし
・似たもの同士

くらいしか思いつきませんが…


例え、ネットからリアルでの知り合いになったとしても…まっさきは、この人には絶対にお金を貸さないと思う。
だって誠意がないじゃないですかー!


SNSや掲示板での借金について

さて、前置きが長くなりましたが…
ネットで出会った人にお金を貸せるか、SNSや掲示板で借金を頼むのは有効なのかについて考えてみました。

正直、まっさきは、SNSやネット上でお金の貸し借りなんてありえないと思っていました。
でも、ここ数カ月で考えが変わりました。
まっさきは、ネットで会った人にお金を貸したことがないので、断言できませんが…
ネットだからダメなんじゃなくて、誠意がなかったり返済計画がちゃんとされていなかったりと、人に問題がある場合は貸せないんですよね。
そもそも、ネットで見かけた見ず知らずの人に貸す理由なんてないわけですから、リアルの知人に比べるとハードルは高くなりますよね。
そのハードルを越えるくらい心を動かされる何かがあれば、貸すこともあるかもしれません。
何に心を動かされるかは、人それぞれでしょう。

(ちなみに、まっさきが他人にお金を貸す時に決めていることはコチラに書いてあります。)


SNSは、プライベートなことが丸見えになるから、人柄に惚れたり同情で貸す人もいるでしょうし、貸してくれたら、●●しますというおまけに釣られる人もいるでしょう。

でも、個人間のお金の貸し借りであっても、利息の取りすぎには注意してくださいね。
個人間では、利息制限法が適用されるので、例えば10万円未満の貸付けであれば年20%までの金利が受け取れますが、それ以上は利息制限法違反になってしまい無効になりますよ。

 

というわけで、SNSや掲示板で借金を頼んでみるのも、困った時の1つの方法としてありでしょうね。
でも、貸してもらえる確率は低い。リアルで借りるより、断然に低い。
ネットだから何とかなると考えているとしたら、甘い!甘すぎる。なめすぎてますよ。
SNSは、リアル以上にプライベートがわかりやすいと思います。
その人の思考、人間性、ふだん何をしているか…丸見えなんですよ。
下手なことを書いたら見向きもされなくなる、でも何か書かないと人の心は動かせない。難しいところですね。

あと、自分に何か特殊な能力がある場合は、仕事として請け負ってお金をもらったり
自分の将来性に投資をしてもらうこともあり得ると思う。
こういうパターンは、リアルよりネットの方が、可能性が高いように思いました。
普段出会えない人とネットでは出会える可能性があります。
まっさきだって、お金を貸してとSNSでつぶやくリア友はいませんが、ネット上では発見してブログネタにしてるわけだし…
ネットで特殊な能力を持った人を探している人や、ダイヤの原石、金のなる木を探している人はいますよ。

そういう人たちの目にとまるようにするのは、大変な努力が必要だろうし
自分の能力を上手にアピールすることも必要だし、向上心も人間性も必要ですよね。
この人にかけてみようと思ってもらえることができたら、希望が持てます。

逆に、こんなところでくすぶっている人だから、安い値段で仕事させてやろうと思われることもある。
このパターンの方が多いだろうね。


やっぱ怖いかも、ネットでの貸し借りは…

 

 ではでは、また!