読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を借りるなら、カードローンVS親兄弟知人 あなたはどっち!? 

こんにちは。まっさきです。

昨日は、まっさきの住む地方では雪がじゃんじゃん降りましたが、その割に寒くなかった気がします。
皮下脂肪が多いせいでしょうか…


先日のブログに書きましたが、いろいろ考えて友人にお金を貸しました。
貸した理由はいろいろあるけれど、まっさきが貸さなかったら友人は他からお金を借りようとしたと思う。

その時に考えたこと…
親兄弟知人にお金を借りるのと、カードローンで借りるのとどっちがいいかってこと。

①親兄弟知人にお金を借りる場合

メリット

・返済方法や金利も相談次第
・借金をした履歴が残らない

デメリット

・関係にひびが入ることがある
・あれこれ聞かれる・口出しをされる
・借金をしている手前、上下関係が出てくる
・返済に甘えがでることがある
・今すぐ貸してというわけにいかないこともある


消費者金融や銀行などのカードローンを利用する

メリット

・あれこれ聞かれない
・融資スピードが速い

デメリット

金利が高いYO
・借金の履歴が残るYO~


メリットやデメリットは人それぞれなので、決めつけることはできないけど
ざっとこんなところでしょうかね。


まっさき的には、断然①親兄弟知人から借りることを推奨したい!
なぜなら、社会的なメリットが大きいから。
カードローンで借りた実績があれば、住宅ローンや教育ローンなど他に重要なローンを組むときに不利になることがある。他にクレジットカードが作れなくなったり…何かと不便なことがあるよ。
さすがに住宅ローンを借りるときは、知人に借りるというわけにはいかないけど、少額融資だったら知人に頼った方がお得っ!

あと、知人に「お金を貸して」というのって、すごく言いにくいよね。
その言いにくさが大切だと思うわけ!
借金は抵抗があって当たり前なの。いつでも簡単に誰にでもできたら、むしろダメでしょ。
お金を貸してというと、何に使うのか…収入が足りないのか…無駄遣いをしているんじゃないか…あれこれ聞かれるわけです。
耳が痛いし煩わしいけど、そこから逃げちゃうのはもったいない。

最近の消費者金融や銀行カードローンってさ、ばんばんCM流して
「気軽に借りられますよ~。今すぐお金借りられますよ~」というさわやか路線でうっているけど、金貸しは金貸しなのよっ。
金を借りるのが気軽であっちゃいけないし、さわやかでもないの。
CMに出てる美人女優さんが担当してくれるわけでもないからね。

 

お金がない状況は、どうにもならないから借りようとしているんでしょ?
それなら、少しでもいい条件で借りるために、多少のことは我慢しようよ。

まっさきはそう思う。

 

誰でも知人や親兄弟に借りれるわけじゃない。
借りられる可能性があることに感謝しよう。
で、ダメだったら消費者金融で借りることも考えればいいんじゃないかな~。